カナダのチャットアプリ「キック」、米企業メディアラボが買収 | 独自仮想通貨キンとの統合は継続

nexo
カナダのチャットアプリ「キック」、米企業メディアラボが買収 | 独自仮想通貨キンとの統合は継続【ニュース】

米サンタモニカに拠点をもつ「メディアラボ」は、カナダのチャットアプリ「キック(Kik)」を買収する契約を結んだ。メディアラボが18日にブログで発表した

メディアラボがキックを運営するキック・インタラクティブとの間で契約を締結した。メディアラボは「Whisper」や「Datpiff」といったネットサービスブランドを持つ持株会社だ。

キックは10月15日に「キック」の閉鎖が中止され、サービスを継続すると発表。キック・インタラクティブのテッド・リビングストンCEOは8日に「キックの新たな会社を見つけた」とツイートし、今回の買収をほのめかしていた。

メディアラボの発表によれば、キックを率いてきたテッド・リビングストン氏やキックのチームはそのまま事業を継続することになり、キックの仮想通貨「キン(Kin)」との統合を進めていくことになる。

十分な収益を確保するため、メディアラボは今後数週間にわたってプラットフォームに広告を導入するとしている。これは、多くのユーザーが過去に反対していたものだが、メディアラボは「(ユーザーの)邪魔にならず、キックの素晴らしさを失わない方法で行う予定だ」としている。

またメディアラボは、スパムボットを除外していき、アプリをより高速で信頼性の高いものにしていくと述べている。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版

ChainsChannelオリジナル:CC編集部,転載は出典を明記してください。:http://chainschannel.com/archives/2554

0

文章を共有する。

あなたが好きだと思います

コメント

まず登録 後にコメントします。

二次元コード

二次元コード