米議会、ステーブルコインを証券とみなす法案を検討|米議員からは「仮想通貨リブラは証券」説も

nexo
米議会、ステーブルコインを証券とみなす法案を検討|米議員からは「仮想通貨リブラは証券」説も【ニュース】

米議会が「管理されたステーブルコイン」を投資目的の契約とし証券とみなす法案を検討している

「ステーブルコインは証券だ法2019」と呼ばれる法案がテキサス州出身のシルビア・ガルシア議員(民主党)によって下院の金融サービス委員会に18日に提出された。この法案は、1933年制定の証券法でステーブルコインを規制することを狙っている。具体的には、証券という法令上の定義を変更して「管理されたステーブルコイン」を含めることを目指す。

 

「リブラは証券」

仮想通貨推進派のウォーレン・デービッドソン議員(共和党)は、コインテレグラフとのインタビューの中で、リブラは最終的には証券と見なされ、SEC(米証券取引委員会)の管轄になるだろうと話した。

同議員は「ステーブルコイン自体は関係なく、中央の管理者によってステーブルコインが変化させられてしまうかどうかが重要」と指摘。次のように述べた。

「あなたの価値を破壊する能力について話している(中略)その点、あなたがそのトークンの価値と中央の管理者の行動を完全に信用しているとしたら、私は(SEC委員長の)ジェイ・クレイトンに賛成する。それは、証券にかなり近い」

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版

ChainsChannelオリジナル:CC編集部,転載は出典を明記してください。:http://chainschannel.com/archives/2691

0

文章を共有する。

あなたが好きだと思います

コメント

まず登録 後にコメントします。

二次元コード

二次元コード