「世間のイメージが180度転換」 習発言がビットコインに追い風である3つの理由=米仮想通貨投資会社

nexo
「世間のイメージが180度転換」 習発言がビットコインに追い風である3つの理由=米仮想通貨投資会社【ニュース】

中国の習近平国家主席によるブロックチェーン中核戦略発言は、なぜビットコインにとって追い風なのか?WEB3系の米仮想通貨投資会社メープル・リーフ・キャピタルは、3つの理由をあげた

①中国のトップダウンはすごい

習主席の鶴の一声は凄まじい。中国の政策は、習主席が音頭を取って下部まで一気に浸透する。メープルによると、「習主席がトーンを決め、政策と補助金が追従し、最終的に地方で詳細が決められる」。「突然、全ての企業がブロックチェーンの可能性について話しだし、CCTVでは毎日ブロックチェーンに関して放送され、大学は関連コースを開設し、K12(幼稚園から高校卒業までの期間)の教育素材は書き直されてブロックチェーンの基本が盛り込まれる」(メープル)。

②もはや「詐欺」ではない

習主席の発言以降、仮想通貨・ブロックチェーンが報道機関によって『詐欺』と呼ばれることはなくなる。もし逆らえば「自殺行為」でる。メープルによると、「世間のイメージは180度転換する」。

③「ビットコインを無視してブロックチェーン勉強は不可能」

つまるところ、ビットコインを無視してブロックチェーンを勉強することは不可能だ。結局のところ、ブロックチェーンの適用例で一番成功しているのはビットコインだ。メープルは「スタートアップや補助金の受け取り手にとって、BTCに少しも投資しないと考えることは不可能」とみている。

日本を含め業界の一部では「ビットコインではなく、ブロックチェーン」と唱える風潮がある。

 

ChainsChannelオリジナル:CC編集部,転載は出典を明記してください。:http://chainschannel.com/archives/2768

0

文章を共有する。

あなたが好きだと思います

コメント

まず登録 後にコメントします。

二次元コード

二次元コード