SBI決算 仮想通貨交換業、マイニング事業ともに堅調 【決算】

nexo
SBI決算 仮想通貨交換業、マイニング事業ともに堅調 【決算】

SBIホールディングスは30日、2020年上半期(4-9月期)の決算を発表した。仮想通貨取引所SBI VC トレードと仮想通貨マイニング事業を手がけるSBI Cryptoの利益は前年同期比で大幅に増加した。

SBI VC トレードの税引き前利益は、32億6400万円。SBI Cryptoは2億9300万円だった。2019年の上半期はそれぞれ7億6500万円、7億8300万円の黒字だった。

SBI VC トレードは、今年7月にSBI証券の傘下となった。グループ間での連携も強化している。

また、SBI Cryptoは、3四半期(7-9月期)に新しい2拠点において新たなマイニング施設が稼働した。マイニングチップの販売開始を来年度に見込んでいる。

一方、SBIの北尾吉孝社長が主導で立ち上げたSTO(セキュリティ・トークン・オファリング)の自主規制団体「一般社団法人日本STO協会」に関しては、既報の通り来年の春に自主規制団体認定取得に向けて準備中とした。

日本STO協会には、10月1日時点でSBI証券のほか、野村証券や大和証券、楽天証券、カブドットコム証券、マネックス証券が参画している。

仮想通貨ファンドの設定に関しては、まずは匿名組合方式で検討中。SBIは、規制当局の方針を踏まえたと説明している。

ChainsChannelオリジナル:CC編集部,転載は出典を明記してください。:http://chainschannel.com/archives/2889

0

文章を共有する。

あなたが好きだと思います

コメント

まず登録 後にコメントします。

二次元コード

二次元コード