仮想通貨都市を建設へ|著名ラッパー「エイコン」がセネガルと最終合意

nexo
仮想通貨都市を建設へ|著名ラッパー「エイコン」がセネガルと最終合意【ニュース】

「Lonely」などで有名なグラミー賞受賞のラッパー「エイコン」が14日、セネガルで独自仮想通貨AKoinを使った「エイコン・シティ(AKON CITY)」の設立で最終合意したと明らかにした

エイコン氏はセネガル出身。エイコン・シティは2018年にセネガル大統領から2000エーカーの土地を与えられたことをきっかけに計画が開始した。国際空港から5分に位置し、再生可能エネルギーを使ったLEED認定を受けたセネガル最初の都市となる予定だ。

エイコン・シティの建設計画は最終合意に先んじて、2019年3月に開始していることをユーチューブでのインタビューで明らかにしている。建設は約10年を見込んでいるという。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

ChainsChannelオリジナル:CC編集部,転載は出典を明記してください。:http://chainschannel.com/archives/3668

0

文章を共有する。

あなたが好きだと思います

コメント

まず登録 後にコメントします。

二次元コード

二次元コード