米ウィズダムツリー、仮想通貨ビットコインETFを申請 エクスポージャーの5%に

nexo

米ナスダックに上場している大手資産運用会社ウィズダムツリー(WisdomTree)は仮想通貨(暗号資産)ビットコイン先物取引を投資対象とするETFの立ち上げを検討している。

17日に米証券取引委員会(SEC)に提出された書類によると、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)のビットコイン先物に純資産の5%まで投資するETF「ウィズダムツリー・エンハンスド・コモディティ・ストラテジー・ファンド」を申請した。

今回の申請では、純資産の大部分をエネルギーや工業用金属、貴金属、農業用商品に投資するもので、ビットコインは全体のわずかだ。

ビットコインETFについては、ウィズダムツリーやバンエックなどの企業が過去にも立ち上げを目指していたが、全て失敗に終わっている。

SECはビットコイン市場の規模や価格操作の可能性、機関投資家向けカストディの課題などを問題にしてきた。ただ、今回のように純資産の一部をビットコイン先物に振り分けるETFの申請は初めてだ。

CMEの現物決済のビットコインの先物市場はここ数ヶ月で着実に成長。5月には建玉が高水準を記録した。さらにポール・チューダー・ジョーンズなどの大物投資家もポートフォリオの2%に含めるなど、ビットコイン先物への関心は高まりを見せている。

ChainsChannelオリジナル:CC編集部,転載は出典を明記してください。:http://chainschannel.com/archives/3920

0

文章を共有する。

あなたが好きだと思います

コメント

まず登録 後にコメントします。

二次元コード

二次元コード