バイナンスプール、仮想通貨ビットコインSVの最大のマイナーに

nexo

2019年4月にビットコインSV(BSV)を上場廃止してから約1年、大手仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンス(Binance)が運営するマイニングプールが、最も多くのBSVのブロックを生成している。

仮想通貨データサイトのコインダンス(Coin Dance)によると、バイナンスプールが6月16日時点のビットコインSVのブロックの最大のマイナーとなっている。バイナンスプールはマイニングされたBSVブロック生成の26.39%を占めている。2番手は、フォビのマイニングプールで13.19%となっている。

出典: Coin Dance

バイナンスは2019年4月にBSVのすべてのペアを上場廃止し、取引を停止した。バイナンスは、BSVが基準を満たしていないため、BSVの廃止は「すべてのユーザーを守るため」と説明した。

しかし、上場廃止はバイナンスのジャオ・チャンポンCEOが、BSVを率いるクレイグ・ライト氏との対立が理由ともみられている。ツイッター上でライト氏と対立したジャオCEOは「クレイグ・ライトはサトシではない。このクソを廃止にする」とツイート。その数日後、バイナンスはBSVの上場廃止を発表した。

BSVを再び上場させるか?

ツイッター上の仮想通貨コミュニティの中からは、バイナンスがBSVをマイニングしているのは、バイナンスがBSVを再び上場させるための前兆ではないかとの憶測も出ている

@binance

> delists bsv
> starts mining bsv
> ???
> relists bsv https://t.co/gVZGiZmmM3

— 3 ✪ (@nondualrandy) June 10, 2020

別のツイッターユーザーは、ジャオCEOに直接質問したと述べている。それによるとCZは、ほかの人々がバイナンスプールを使ったBSVをマイニングしているだけだと説明したという。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

ChainsChannelオリジナル:CC編集部,転載は出典を明記してください。:http://chainschannel.com/archives/3954

0

文章を共有する。

あなたが好きだと思います

コメント

まず登録 後にコメントします。

二次元コード

二次元コード