デイトレーダーは仮想通貨より株式市場を選ぶ? ビットコイン投資への意識が変化か

nexo

17日の仮想通貨市場は保ち合いの展開となっている。ビットコインは前日比で0.03%安にとどまっている。

出典:Coin360 18:20時点

ビットコイン(BTC)は0.03%安で9470ドルで推移している。イーサ(ETH)は0.23%高で233ドル、XRPは2.1%高で0.195ドルとなっている。

ビットコインのボラティリティは低下

コインメトリックスの分析によれば、ビットコインのボラティリティは過去3ヶ月で最低レベルとなっている。ビットコインの30日間の平均ボラティリティは50%以下となっている。

コインメトリックスによれば、ボラティリティが50%以下となっていたのは2013年以降では35回だけだった。これが強気のサインか弱気のサインかは「確実に言うことは難しい」が、ボラティリティが低下した状態が続けば、「10日後にはボラティリティが上昇するパターン」があると指摘している。

デイトレーダーは仮想通貨よりも株式に

VISAで仮想通貨部門トップのカイ・シェフィールド氏は、ビットコインが長期投資としての魅力を増している一方で、すぐに利益を得たいデイトレーダーは株式市場の方に目を向けていると指摘している

「ビットコインがDCA(ドルコスト平均法)によるパッシブな長期投資として牽引力を獲得している一方で、すぐにリッチになりたいと思っているデイトレーダーは、エキサイティングなカジノとして株式の方に魅力を感じているのが興味深い」

シェフィールド氏は、今後数年で株式と仮想通貨に対する考え方が変わる可能性があると指摘する。新世代の個人投資家が株式のデイトレーディングを選ぶ一方で、古い世代の個人投資家や機関投資家がビットコインをポートフォリオに組み込むようになるという変化だ。

ChainsChannelオリジナル:CC編集部,転載は出典を明記してください。:http://chainschannel.com/archives/3960

0

文章を共有する。

あなたが好きだと思います

コメント

まず登録 後にコメントします。

二次元コード

二次元コード