米ベビーブーマー世代 仮想通貨投資を開始 PTJ効果で「ビットコインが主流に」

nexo

米国で第二次世界大戦後の出生人口の急増で誕生したベビーブーマー世代。これまで仮想通貨業界からは安全資産といえば金(ゴールド)しか思い浮かばない世代として切り離されていたが、最近は変化が出てきたようだ。

サンフランシスコにある仮想通貨ビットコイン(BTC)のブローカー「リバー・フィナンシャル」では、ほとんどの需要がベビーブーマー世代からきている。最近の取引高の伸び率77%が同世代によるものだという。

ブルームバーグの取材に答えたリバー・フィナンシャルのアレックス・レイシュマン氏は、「ビットコインは主流派になりつつあり多くの投資家がポール・チューダー・ジョーンズ(PTJ)の後を追っている」と述べた。

既報の通り、米国ウォール街のレジェンドとして知られるマクロ投資家のポール・チューダー・ジョーンズ氏は、先月、将来的なインフレを理由にポートフォリオの2%をビットコインで保有していることを明かしていた。

Wealth distribution by age in the U.S

(出典:DQYDJ「米国での富の分布(年齢別)」)

これまでビットコイン投資といえば若いミレニアル世代が期待されていた。ただ、レジェンドの参入によって心が動かされた高齢者も多いのだろう。ベイビーブーマー層の世帯貯蓄の中央値は、若者世代の10倍から30倍と高い。仮想通貨業界に新たなダイナミックスが生まれるかもしれない。

翻訳・編集 コインテレグラフ ジャパン

ChainsChannelオリジナル:CC編集部,転載は出典を明記してください。:http://chainschannel.com/archives/3972

0

文章を共有する。

あなたが好きだと思います

コメント

まず登録 後にコメントします。

二次元コード

二次元コード