仮想通貨イーサの供給量「当初予定より少ない」 ヴィタリックがインフレ耐性をアピール

nexo

イーサリアム共同創設者のヴィタリック・ブテリン氏は、イーサ(ETH)の供給量が当初ホワイトペーパーで予想されていたより4000万枚少ないと指摘した。同氏によると、イーサリアムが供給量の決められたビットコインと比較してインフレ気味になるという批判は当たらない。

当初の予想ではイーサの供給量は5年後に1億5080万枚になるはずだったが、現在の供給量は1億1130万枚だ。

円やドルなど法定通貨に対する仮想通貨の利点といえば、インフレ耐性だ。ブテリン氏には、イーサリアムも例外ではないと示す狙いがあったのだろう。

ただ、イーサリアムネットワークのスケーラビリティ改善などを目指す「ETH2.0」が遅れる中、ロードマップが当初計画されていた通りに進んでいるか示すことを同氏には期待したい。

翻訳・編集 コインテレグラフ ジャパン

ChainsChannelオリジナル:CC編集部,転載は出典を明記してください。:http://chainschannel.com/archives/3975

0

文章を共有する。

あなたが好きだと思います

コメント

まず登録 後にコメントします。

二次元コード

二次元コード