マスターカードが仮想通貨カードの加盟呼びかけ|初パートナーはSBI出資企業に

nexo

マスターカードは新たに拡張した仮想通貨カードプログラムのために、仮想通貨(暗号資産)企業に向けてパートナーになるように呼びかけている。

マスターカードは20日、仮想通貨カードの発行に向けたプログラムを簡素化することを明らかにした。パートナーの申請者が「数週間で」認定されるようになるという。

今回の仮想通貨カードの申請者向けに強化されたプログラムによって、市場参入の拡大や国際的にビジネス機会の成長を提供する。

一方でマスターカードは、認定パートナーが同社の「コア・プリンシプル」を遵守する必要があることを強調。ユーザーのプライバシーやセキュリティの確保といった消費者保護要件やマネーロンダリングの防止規則を守って運営することを求めた。さらに金融機関やカードの加盟店、携帯事業者など全てのステークホルダーに平等な競争の機会を提供することを確立しなければならないとしている。

マスターカードでデジタル資産およびブロックチェーン製品パートナーシップ担当のエグゼクティブバイスプレジデントを務めるラジ・ダモダラン氏は以下のように述べた。

「仮想通貨市場は成熟に向かっており、マスターカードはこれを推進する。今日のデジタル経済において、安心で安全な体験を消費者に提供していく。」

SBI出資のWirexが初の仮想通貨パートナーに

マスターカードは仮想通貨カードのパートナーを呼びかけると同時に、英ロンドンを拠点とする仮想通貨決済企業のワイレックス(Wirex)がマスターカードのプリンシパルメンバーシップを付与された初めての仮想通貨プラットフォームとなったことを発表した。ワイレックスには日本のSBIが出資している。

今回の発表により、ワイレックスカードのユーザーは所有する仮想通貨をすぐにでも法定通貨として、マスターカードの加盟店で利用できる。

ワイレックスのCEO兼共同創業者のパベル・マットヴィーヴ氏は今回の加盟について「主要な機関や規制当局による仮想通貨の受け入れに対する関心と認識が高まっていることを表している」と発言。ワイレックスのビジョンである「伝統的な通貨や仮想通貨を等しく、すべての通貨が平等に利用できる世界をすべての人が体験できるようにする」という世界の実現に貢献できるとした。

ワイレックスは欧州で仮想通貨カード発行のライセンスを保有しており、2020年初頭には300万人のユーザーを獲得しているものの、「一般的な仮想通貨のヘビーユーザー」は含まれていないという。

バイナンスも仮想通貨カード

大手仮想通貨取引所バイナンスも、仮想通貨カードの開発を進めている。

バイナンスは今年4月に仮想通貨デビットカード「バイナンスカード」の開発を発表。その後、7月にバイナンスのジャオ・チャンポンCEOが、7月10日に「バイナンスカード」の使う様子を初めて公開した

CZはツイートの中で、ベータテストがAmazonのオーディオストアであるAudibleや、自動車配車サービスのGrab、eコマースプラットフォームのLazadaでの「実際の取引」を行っていると述べている。

CZはツイートの中で、ベータテストがAmazonのオーディオストアであるAudibleや、自動車配車サービスのGrab、eコマースプラットフォームのLazadaでの「実際の取引」を行っていると述べている。

さらにバイナンスは、EEAベースのユーザーが8月からバイナンスカードを申請できるようになると、コインテレグラフに対して明らかにしている。英国でも近い将来に同様に申請できるようになる見込みという。そのほかの地域のユーザーは、バイナンスカードのウェブサイトから「関心を登録」するよう求めることになると、バイナンスは述べている。

バイナンスが最近買収した仮想通貨企業Swipeは現在、EEA内の31ヵ国で利用できる。これには、フランス、ドイツ、イタリア、スぺインなどが含まれている。Swipeはまだ米国では利用できないが、同社は適切なライセンス登録が完了した後にサービスをリリースする予定であるという。

ChainsChannelオリジナル:CC編集部,転載は出典を明記してください。:http://chainschannel.com/archives/4226

0

文章を共有する。

あなたが好きだと思います

コメント

まず登録 後にコメントします。

二次元コード

二次元コード