ライトコイン(LTC)ネイティブの仮想通貨デビットカードが登場

nexo

最初のライトコイン(LTC)ネイティブのVISAデビットカードが、ブロックカード(BlockCard)によってローンチされた

ライトコインの創設者であるチャーリー・リー氏は、以前の試みが失敗したため、これが2回目の試みであると、コインテレグラフに語った。「以前はデビットカードでライトペイを使用していたが、ライトペイが廃業したときに失敗した」と、リー氏は述べた。

リー氏は、このライトコインネイティブのデビットカードと、他の仮想通貨カードとの違いについても触れている。

「ライトコインをサポートするほかの仮想通貨デビットカードが現在利用可能だが、それらはLTCによるファンディングのみをサポートしている。このカードはネイティブのLTCであるため、カードをスワイプするまで資金はLTCで保持されている」

ライトコイナーは既にカードにサインアップできるが、サービス自体が利用できるのは数週間後になる。

リー氏は「ライトコイン・マキシマリスト」のようなものはないという自身の意見についても言及している。

「それが存在することさえないと思う。ほとんどのライトコイナーはBTCもサポートし、保持している」

ユーザーは、すべての主要なステーブルコインを含む、最も人気のある12の仮想通貨で預金を行うことができる。リー氏によると、これまでに約300人のユーザーがサインアップしている。一方、ライトコインの時価総額は上位トップ10のコインに留まり続けており、ソーシャルメディアでも最大のフォローを持つものの1つだ。

ChainsChannelオリジナル:CC編集部,転載は出典を明記してください。:http://chainschannel.com/archives/4282

0

文章を共有する。

あなたが好きだと思います

コメント

まず登録 後にコメントします。

二次元コード

二次元コード