サンタクロースもビットコイン受け入れ、利便性高まる仮想通貨決済

nexo
サンタクロースもビットコイン受け入れ、利便性高まる仮想通貨決済

サンタへの支払いにビットコイン?

世界各地に巨大なクリスマスツリーがお目見えし、イルミネーションで街が煌びやさを増すクリスマスシーズンが始った。そんなクリスマスムードに欠かせないのが、真っ白な髭を蓄えた、恰幅の良いサンタクロースだ。

デパートやショッピングモールで子供たちと記念撮影したり、ホリデーイベントやクリスマスパーティの引き立て役として忙しい日々を送るサンタクロースだが、この掻き入れ時のギャラの支払いに、今年からビットコイン(BTC)を受け入れるようになったという。

全米にサンタクロース人材を派遣している「Hire Santa」社は、国際的で世界中を頻繁に旅するサンタクロースには、携帯しやすい通貨が必要だと主張し、ビットコインの受け入れを開始したことを発表した。

ビットコインによる支払い方法は、米大手取引所コインベースの同社のアドレスに直接送金するか、PayPalを介して支払うことも可能だという。

ちなみに、サンタの報酬が1BTCであった場合、一昨年のクリスマスは約46万円、去年は約80万円だったが、今年は約200万円に達する公算が高い。

小売業者によるビットコインの受け入れ

ビットコインによる支払いが普及するためには、受け入れ側である参加企業・業者がその利点を認識することが、一つの重要な要素となるだろう。

米仮想通貨決済サービス大手のBitPayは、加盟店を対象にした調査結果を発表し、ビットコインや暗号資産(仮想通貨)による支払いを受け入れることで、様々なメリットがあることが明らかになったと主張している。

調査顧問会社Forrester Consultingが実施した調査によると、主なメリットは次の4つだという。

1. 新規顧客の開拓:仮想通貨による支払いを選択した顧客の約40%は新規の顧客だった

2. 購入金額:仮想通貨による購入金額は、クレジットカードによる購入金額の2倍
(仮想通貨で支払う顧客は、より多く消費する傾向がある)

3. 安価な取引手数料:クレジットカードなどによる支払い手数料2.25%に対しBitPayは1%

4. 支払いミスの減少と詐欺排除:支払いミスや不正行為によるチャージバックコストがなくなる

このような要素を統合すると、加盟店の平均投資収益率は327%となり、仮想通貨支払いの受け入れにより、手数料の節約だけでなく、新たな顧客層の開拓と売上上昇が見込めると調査結果をまとめた。

企業向けの大量決済サービスも

さらにBitPayは先月、企業向けに大量決済サービス「BitPay Send」を開始したことを発表した。このサービスを利用することで企業は、自社で仮装通貨を購入したり保管することなしに、仮想通貨による支払いを大量に処理することが可能になるという。特に国際送金を必要とする企業には朗報だろう。

企業は法定通貨で資金を入金するが、給与の支払い、請負業者やアフィリエイトへの支払い、報酬プログラムの処理や顧客へのキャッシュバックなどを仮想通貨で行うことができる。世界225カ国で利用できるという。受け取り人は、本人確認手続きを経て、BitPayウォレットを所有していることが条件となる。

世界各地にアフィリエイトを持つ、広告プラットフォーム「AdGate Media」がこのサービスを利用しており、ビットコインによる支払いを希望するアフィリエイトに、数日かかっていた支払いが数分で済むようになったという。

世界中のサンタクロースが、ビットコインで簡単に報酬を受け取れる日が来るのも近いかもしれない。

ChainsChannelオリジナル:CC編集部,転載は出典を明記してください。:http://chainschannel.com/archives/4569

0

文章を共有する。

あなたが好きだと思います

コメント

まず登録 後にコメントします。

二次元コード

二次元コード