年末目前、ビットコイン投資家の目線は?──BTC価格は再び200万円まで高騰

nexo
年末目前、ビットコイン投資家の目線は?──BTC価格は再び200万円まで高騰

年末目前、ビットコイン投資家の目線は?

週末の仮想通貨市場でビットコイン(BTC)が反発。先週末に一時183万円まで下落したBTC価格は、わずか2日で再び200万円台に乗った。

週末の変動幅を織り込んだCME(米シカゴ・マーカンタイル取引所)のビットコイン先物は、1135ドルの「窓(ギャップ)」で取引を開始。先週末の終値18,020ドル(1,874,034円)に対し、始値が19,155ドル(1,992,072円)となった。

CME窓では、2020年で3番目に大きい値幅(CME取引時間基準)。11月30日の1280ドル、ビットコイン半減期前(5月11日)の1265ドルに続く水準だ。

市場の関心度と投資家の目線

依然として底堅い市場を形成するビットコイン市場であるが、過去最高値更新前後の高値圏で揉み合う展開に、市場の温度感は再び低下しつつあるという。

データ分析を行うSantimentは、過去最高値更新期待と強気なセンチメント(投資家の温度感)が見られていた11月に対し、12月はその傾向が大きく減退していると指摘した。

Telegram、Discord、Reddit、ツイッターなど、1000以上の仮想通貨SNSチャンネルからデータを収集したSNS分析によると、ビットコインに関連した投稿数は11月31日をピークに前月比で2倍強まで増加。過去最高値更新まで急ピッチで高騰したBTC市場に遅れまいとする投資家の焦りに当たるFOMO(取り残される不安・恐怖)が、顕著に見られていた。

一方、ビットコインの高値更新後の反落を記録した12月に入ると、SNSボリュームが2週間で約30%減少。価格高騰前の水準まで近づきつつあるという。

ツイッター上のコメントをもとに分析したセンチメント動向では、10月17日以来、2ヶ月ぶりに「弱気」が強まる状況となっており、短期的な下落を見る見方が強まっていると指摘した。年末も迫る中で、税金を確定する投資家の動向も高値更新の不確実性を強める。

「史上初の2万ドル突破」を期待するコメントについては、過去2週間で63%減となったとしており、過去最高値更新を期待する投資家は大きく減少していることがデータから示された。

オンチェーンデータ

具体的なオンチェーンデータ(ブロックチェーン取引データ)では、先週水曜日から下落傾向に移行する市場の中で、時価総額上位の通貨が大量に取引所に流れる動きが確認されており、Santimentは投資家の利食い傾向を映すデータであると指摘する。

ビットコイン投資家の利益傾向を示すMVRVレシオ(未実現利益率)では、30日平均MVRVがマイナス水準に低下。年間平均MVRVが45%の水準に位置する。

ここでいうデータは、短期投資を行うトレーダーの利益率は若干マイナスに位置しているのに対し、中期的にBTCを保有する投資家の利益率は高い水準に位置していることを示す。

MVRVレシオのデータが低ければ低いほど、過去データからの割安水準にあることを示し、高ければそれだけ利食いに動く投資家の売却圧力が高まる可能性が高まる。

Santimentは、市場の動向から、こういった投資家の利益確定売りの傾向が短期的な市場の下落に影響を与えている可能性をデータから指摘。市場の関心から見ても、価格が主要レジスタンスラインに位置する2万ドルを大きく超えて上昇しない限り、短期的な下落余地がある可能性を示唆している。

アルト市場の資金:週末にXRP→XEM

また、週末のアルトコイン市場では、Sparkトークン(FLR)のスナップショット(権利確定日)を迎えた仮想通貨XRP(リップル)が下落。スナップショットで取得された時点でのXRP残高を基に付与される、Sparkトークン(FLR)を目当てに購入したユーザーや、権利確定日にかけて上昇したことを受けた利益確定売りが確認された。

一方、XRPの利益確定資金は、次にトークン付与を控える仮想通貨XEM(ネム)に向き、2市場が逆相関が確認された。

NEM保有者が新トークンXYMを受取るには、権利を申し出る「オプトイン」が必要。スナップショットは、ブロック高3,025,200(21年1月14日前後)におけるアドレスの保有状況を基準として、トークンホルダーのXEM保有量を保存、権利が確定する。

ChainsChannelオリジナル:CC編集部,転載は出典を明記してください。:http://chainschannel.com/archives/4809

0

文章を共有する。

あなたが好きだと思います

コメント

まず登録 後にコメントします。

二次元コード

二次元コード