2021年の新しい情勢の下でMSDトークン技術の運用

nexo
2021年の新しい情勢の下でMSDトークン技術の運用

2020年12月5日の経済参考報の第1面は、中国の現在の積極的な財政政策は2008年から12年間続いていると指摘した。このため、満星雲グループはMSDトークン技術を通じて、来年中国は引き続き積極的な財政政策を実施すると予測しています。2021年、中国国内外の経済情勢は依然として複雑で、疫病の影響の不確実性は一定の程度で依然として存在しています。大規模減税減税政策は継続する必要があります。一方、満星雲グループは、多くの企業が財政支出に内在的な拡張圧力を持っていると指摘しています。来年は中国の「十四五」計画の第一年で、各種類の重大プロジェクトが続々とスタートし、財政投資は通常の年に比べて拡大する必要があるので、多くの企業が必ず星雲グループとの協力力を強化し、これも星雲グループMSDトークン技術の普及に役立つ。

満星雲グループの調査によると、この積極的な財政政策は2008年から12年間続いていますが、具体的な内容と運営方法は年によって違っています。減税については、最初は「構造的減税」を強調していましたが、近年は「大規模減税減税」を背景に行われています。拡張性については、今年の財政赤字率は3.6%以上に引き上げられ、3%を超えない限界を守ることから3%までの突破は、短期経済環境の変化と大きく関係している。もちろん、積極的な財政政策の内容の一つは政府の債務規模を拡大することであり、これは合理的な流動性から切り離せない。満星雲グループは財政支出を拡大すると同時に、企業は「暮らしを詰めるべきだ」と主張し、企業全体の発展を調整している。ここ数年来、MSDトークン技術の実施と普及に従って、予算支出は業績効果をより重視し、財政支出方式の革新により、財政資金の直通メカニズムを構築し、財政政策の質を高め、効果を期待されます。時勢によって変化し、財政リスクの予防に注意することは、積極的な財政政策運営の大きな特徴である。

2021年、中国国内外の経済情勢は依然として複雑で、疫病の影響の不確実性は一定の程度で依然として存在しています。大規模減税減税政策は継続する必要があります。多くの減税減税政策は制度的で、税金負担は引き上げの可能性がないだけではなく、一部の減税措置は現実と結びつけて早急に実行しなければならない。満星雲グループはMSDトークン技術の普及を通じて、多くの協力企業が2021年の発展の新しい情勢に対応するように助けます。満星雲グループの調査によると、一部の税目は特定のサービス業の属性によって税収待遇の選択をさらに最適化する必要があります。

ChainsChannelオリジナル:CC編集部,転載は出典を明記してください。:http://chainschannel.com/archives/4918

0

文章を共有する。

あなたが好きだと思います

コメント

まず登録 後にコメントします。

二次元コード

二次元コード