ビットコイン、日本円建でも過去最高値更新──ドル建に遅れた理由は

nexo
ビットコイン、日本円建でも過去最高値更新──ドル建に遅れた理由は

国内最大手暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyerにて、2017年12月8日に記録した、日本円建ての過去最高値2,312,100円を更新した。

BTC/JPY(bitFlyer)

暗号資産(仮想通貨)で時価総額1位のビットコイン市場は17日、対日本円建(bitFlyer)で過去最高値を記録。日本の大手取引所bitFlyerのBTC/JPY取引で、2017年12月8日に記録した2,312,100円の高値を更新した。

15日に米ドル建で20,000ドル(210万円)の大台を突破。米国取引所では3年前(17年12月)に記録した過去最高値を多くの取引所で塗り替えていたが、日本円建の更新も続いた格好だ。

日本円建の最高値が大きく異なる理由には、当時のプレミア価格の問題と、為替レートの変動がある。

17年当時、日韓市場で世界のBTC取引価格より高い取引価格で取引されるプレミア価格が発生していた。当時、日韓でバブルの過熱感が高まったほか、取引所に連携する国際送金手段や決済手段が限られていた点など、様々な要因が影響していた。

最も取引価格が高かった韓国では、ビットコイン価格が世界の他の地域と比較して最大で51%のプレミアムが付くなど、異常値を観測していたほどだ(2018年2月に収束)。

日本では10%〜20%ほど上方乖離が見られていたほか、海外取引所比較で差が出ているのは3年間で円高が進行した要因もある。外国為替市場における17年12月17日のドル/円相場は、概ね113円台で推移していた。

国内でも、bitFlyerでの最高値は231.2万円。コインチェックの最高値は240万円台と差も見られていた。

ChainsChannelオリジナル:CC編集部,転載は出典を明記してください。:http://chainschannel.com/archives/5097

0

文章を共有する。

あなたが好きだと思います

コメント

まず登録 後にコメントします。

二次元コード

二次元コード