米SEC、長官の後任人事を発表

nexo
米SEC、長官の後任人事を発表

SECの新長官

米証券取引委員会(SEC)で、新たな長官が就任したことがわかった。「クリプトママ」と呼ばれるHester PeirceコミッショナーがSNSで伝えている。

新長官は現職のElad Roismanコミッショナー。Roisman氏は、2018年にトランプ大統領にコミッショナーに任命された人物だ。ブルームバーグの報道によると、新長官のポジションは臨時であり、次期大統領のバイデン氏が就任後、新たな長官を任命する。

Roismanコミッショナーが新長官に就任した背景に、Jay Clayton元長官はXRPの有価証券問題を巡り、リップル社を提訴した翌日(24日)というタイミングで、退職したことがある。

関連リップル訴訟まとめ──仮想通貨XRPへの影響・弁護士の見解

Roisman長官は、ビットコイン・仮想通貨に対して理解のある人物でもあるようだ。2018年に、当時国会議員だったRoisman氏はICOやブロックチェーンなどの新興技術に関して、SECがルールや規制を見直す必要があるとの見解を述べていた。

また、ビットコインETFの申請について、コミッショナーの就任後、同氏はETFの申請企業VanEckとパートナー企業のSolidXの関係者と面会などを担当した。

ビットコインETFの申請は、これまで複数の企業によって試みられたが、Clayton元長官の下ではすべて失敗に終わった。主に市場操作のリスクやカストディインフラの不足などの課題が指摘されている。

関連米SEC、デジタル資産証券のカストディ規制声明を発表

ChainsChannelオリジナル:CC編集部,転載は出典を明記してください。:http://chainschannel.com/archives/5466

0

文章を共有する。

あなたが好きだと思います

二次元コード

二次元コード