ビットコイン、「1BTC=300万円」も視野

nexo
ビットコイン、「1BTC=300万円」も視野

ビットコイン、300万円も視野

ビットコイン価格が急騰している。

28日の仮想通貨市場は一旦下げに転じているものの、週末の対円相場でビットコインが293万円の高値を記録した。1週間(7日間)の上昇幅は70万円を超えるなど、急ピッチな市場変動が続いている。

BTC時価総額は、50兆円を突破。BTCドミナンス(市場占有率)は17年5月以来の70%を超えるなど、アルト市場からビットコインに資金が回帰する動きを映す。

SECがXRPの有価証券問題を巡り、リップル社を提訴したことを受け、XRP市場が続落する中、米国規制下で強まる短期・中期的なアルトコイン市場の先行き不透明性を嫌気する動きが強まった。

BTCドミナンス70%超えは、アルト市場が盛り上がった17年バブル前期の水準(CMC参照)で、金融緩和でマネーがあふれ、金利がさらに安い金融市場で、機関投資家の資金が流入するBTC市場の強さが改めて示された。

大口の新規購入履歴として注目される、Coinbaseの出金例では、3度の出金履歴と底堅く推移するBTC市場に相関性も指摘される。

これらの大口出金は、グレイスケールのBTC投資信託のプレミアム価格差を狙った取引をする機関投資家や、契約に基づく現物買いに関連する可能性がある。

 

出典:CryptoQuant

一方、個人投資家の推移を映すGoogleトレンド(検索数)は、17年バブル時と比較して4分の1と、低い水準から抜け出せずにいる。市場価格は300万円目前も、個人投資家の関心は追いつかない。関連資産の保有状況に相関を示す傾向も強いGoogleトレンドの傾向からも、個人の投機が中心だった17年バブル時とは投資家層に変化が示された格好だ。

新高値更新後のBTC相場は、まさに未知の領域にある。いわゆる真空地帯には仮想通貨史上「上値抵抗線」が存在せず、青天井が意識される。

無国籍通貨というくくりで「デジタルゴールド」が意識されるビットコインだか、安定する金市場を見ると、値動きの良さから短期の売買益を追う投資家の傾向も強い。

一転、急落の可能性を孕む相場状況には注意したいところだ。

ChainsChannelオリジナル:CC編集部,転載は出典を明記してください。:http://chainschannel.com/archives/5553

0

文章を共有する。

あなたが好きだと思います

二次元コード

二次元コード