スイス証券取引所が取り扱うETP商品、仮想通貨XRPを運用対象から除外

nexo
スイス証券取引所が取り扱うETP商品、仮想通貨XRPを運用対象から除外

21SharesがXRPに対応

米証券取引委員会(SEC)がリップル社に対して、証券法違反として提訴していることを受け、一部の取引所が暗号資産(仮想通貨)XRPの取引を中止するほか、金融商品への影響も見られている。

新たに発表したのは、スイスを拠点にする資産運用企業21Sharesだ。提供する仮想通貨投資金融商品(ETP)からXRPを除外した。同社が提示するファンドの組成銘柄リストからXRPが削除されたことが確認されている。

影響を受ける商品は、「HODL」(21Shares Crypto Basket Index ETP)と「KEYS」(21Shares Bitwise Select 10 ETP)の2つのファンドだ。

中でも、HODLはスイス証券取引所(SixExchange)で取引されるETP商品の中で最も出来高が多い主力商品だ(29日時点)。スイス証券取引所のほかには、独ベールゼシュトゥットガルト証券取引所、独デュッセルドルフ証券取引所で取引が行われている。

これらの商品はファンドが規定した組成比率に基づいて、複数の資産を運用するバスケット型のものだ。XRPの単一パフォーマンスのみを対象にした「21Shares Ripple XRP ETP(AXRP)」については、現時点では提供停止の判断はしておらず、状況を注視しているという。

注目されるポイントには、21SharesのETPは米国関連の取引所では取引されていない点もある。Hany Rashwan CEOは今回の対応について、「当社のルールとして、有価証券に該当するトークンや流動性に問題が起きる可能性のあるトークンについては、ETPを提供することを禁じている」と説明している。

ChainsChannelオリジナル:CC編集部,転載は出典を明記してください。:http://chainschannel.com/archives/5621

0

文章を共有する。

あなたが好きだと思います

二次元コード

二次元コード