2017年のParity流出に関連する一部のイーサリアムが数日前に移動

nexo
2017年のParity流出に関連する一部のイーサリアムが数日前に移動

3年以上ぶりの移動

2017年に発生したParityハッキングに関連するウォレットから、流出した一部の暗号資産(仮想通貨)イーサリアムが移動していたことが確認された。送金が発生したのは、2020年12月27日だった。

ブロックチェーン技術企業Parity Technologiesは2017年7月、マルチシグウォレットの脆弱性が悪用され、計150,000 ETHが流出した。当時の相場では、約30億円に相当する。

流出後、150,000 ETHのうちの70,000 ETHは7つのアドレスに10,000 ETHずつ送金されていた。それ以降3年以上の間、流出したETHは動かされていなかったが、2020年12月27日に、300 ETHがrenBTC(イーサリアムブロックチェーン上のビットコイン)に換金されたことが確認された。

なお、「0x4de76b3dfd38292ba71cf2465ca3a1d526dcb567」のアドレスでは、9,229 ETHが残っていることがわかった。TheBlockのリサーチによると、ハッカーはその他のアドレスにあるETHを動かしていないという。

ChainsChannelオリジナル:CC編集部,転載は出典を明記してください。:http://chainschannel.com/archives/5811

0

文章を共有する。

あなたが好きだと思います

二次元コード

二次元コード