中国の仮想通貨事情、取引禁止されるビットコイン高騰で国内関心度は

nexo
中国の仮想通貨事情、取引禁止されるビットコイン高騰で国内関心度は

中国で検索が急騰

暗号資産(仮想通貨)ビットコインとイーサリアムの大幅続伸を受け、中国人トレーダーの仮想通貨への関心度が高まっている。

中国事情通のDovey Wan氏は、大手SNSサイト微博(Weibo)での仮想通貨およびブロックチェーンの検索数の推移チャートをツイッターに掲載した。微博の検索数が「中国個人投資家のセンチメントを表す最も良い指標」と説明する。

ビットコインは20年12月、2017年バブル時の最高値を更新した。中国では、2万ドルを上回ったタイミングで「比特币(ビットコインの中国語)」の検索数が大幅に増加。1月2日に3万ドルに到達した時には、さらに検索数が上昇していた。

一方、価格高騰が出遅れたイーサリアムは、約3年ぶりに1,000ドルまで達した1月4日に検索数が急増している。「ブロックチェーン」の検索数も前日比約22%増加した。

中国政府は、仮想通貨取引や取引所の利用が禁じているが、法定通貨の「人民元」をビットコインやテザーに換金して行うOTC(相対)取引サービスにより、一部トレーダーに利用されている。

 

ChainsChannelオリジナル:CC編集部,転載は出典を明記してください。:http://chainschannel.com/archives/5928

0

文章を共有する。

あなたが好きだと思います

二次元コード

二次元コード