日本取引銘柄の仮想通貨ステラ(XLM)、1日で2倍の価格に

nexo
日本取引銘柄の仮想通貨ステラ(XLM)、1日で2倍の価格に

XLM高騰

6日の仮想通貨(暗号資産)市場でステラ(XLM)が前日比60%の暴騰を記録している。前週比では2倍の水準に乗り、リップル訴訟で下落した下落幅を取り戻した。

追記: その後、騰勢を強め、前日比100%高を記録した。

市場では、下落基調が続くXRPの価格をXLMが上回った点に注目が集まった。流通量の違いから、時価総額では2倍の差をつけて、XRPが上回っている。

ステラの取引高は、44億ドルと前日比で158%増。通貨のマネーフローは、USDT(48%)、USD(14.8%)、BTC(14.6%)とグローバル取引所や米国取引所(Coinbase)メインの取引状況となっている(CryptoCompare参照)。

一度BTCやUSDTを介す流れで、XRPを売却した資金が流入しているとの指摘もあるが、相関性が強いXRPからの直接的な資金流入は全体の0.01%に留まっている。

高騰材料になったのは、①ウクライナ政府の関連ニュースと②ショートポジションの精算による踏み上げだ。

世界のニュースサイトで材料視されたのが、ウクライナのデジタル改革省がデジタル通貨(CBDC)エコシステム構築のため、ステラ開発を行うステラ開発財団(SDF)と提携だ。

ステラ財団が政府関連プロジェクトのCBDCや仮想資産(Virtual Asset ※)関連のアドバイザーとして関わることが報じられた。

※表記上、一般の仮想通貨に関するものかどうかは現状定かではない。

 

ChainsChannelオリジナル:CC編集部,転載は出典を明記してください。:http://chainschannel.com/archives/5989

0

文章を共有する。

あなたが好きだと思います

二次元コード

二次元コード