イーサリアムの処理性能改善策「オプティミズム」、ソフトローンチ実施

nexo
イーサリアムの処理性能改善策「オプティミズム」、ソフトローンチ実施

Optimismのソフトローンチ

暗号資産(仮想通貨)イーサリアムのレイヤー2プロジェクト「Optimism(オプティミズム)」が米時間15日、メインネットのソフトローンチを予定通り実施したことがわかった。

先日CoinPostが報じたように、今回のソフトローンチはまず、DeFi(分散型金融)プラットフォーム「Synthetix」に導入された。これにより、SynthetixのユーザーはネイティブトークンSNXをOptimismのネットワークでステーキングすることができるようになったという。

Optimismプロジェクトは、イーサリアムにおけるネットワーク負荷上昇時のトランザクション詰まりやGas代高騰などの課題点を解決するために、主に「オプティミスティックロールアップ」というレイヤー2の技術を開発している。特にDeFiセクターでの送金頻度が昨年夏より急増してきたため、スケーラビリティの改善は急務となっていた。

現在、OptimismのソフトローンチはSynthetixに限定されたが、2月末〜3月初頭には、誰でもデプロイできるパブリックテストネット、そしてパブリックメインネット(時期未定)も実施する予定だという。なお、それまでには以下の数点を完成させる必要があるとしている。

  • いくつのフィーチャーズを改善する
  • バグバウンティを実施する
  • ユーザーのフィードバックを組み込む
  • パブリックメインネットまで、パブリックテストネットの改修、コードフリーズ、及び監査

ChainsChannelオリジナル:CC編集部,転載は出典を明記してください。:http://chainschannel.com/archives/6416

0

文章を共有する。

あなたが好きだと思います

二次元コード

二次元コード