資産運用最大手のブラックロック、ビットコイン先物の運用を許可

nexo
資産運用最大手のブラックロック、ビットコイン先物の運用を許可

ビットコイン先物

資産運用最大手のブラックロック(BlackRock)が、2つのファンドを通じて、ビットコイン(BTC)先物を運用する許可を出したことがわかった。

米証券取引委員会(SEC)に提出した目論見書で、ファンドを通してBTCを含む資産を運用することができると言及。取引を行う場合は、米商品先物取引委員会(CFTC)に登録した取引所で、現金決済の先物のみを利用すると報告した。今後、ブラックロックがビットコインに、エクスポージャーを持つ可能性がある。

ブラックロックは1988年にニューヨークで設立された世界最大手の資産運用会社だ。公式サイトによると、2020年12月末時点の資産運用残高は8.68兆ドル(約900兆円)に上る。

現在BTC先物に投資する可能性が確認されているファンドは、「BlackRock Funds V」と「BlackRock Global Allocation Fund, Inc.」の2種類。規制動向、価格変動の大きさ、BTC先物の流動性などのリスクを説明しながら、将来的にファンドを割り当てる可能性があることをSECに説明した。

ブラックロックの動向

ブラックロックのラリー・フィンクCEOは先月1日、BTC市場はグローバルなマーケットになり得るとの見解を示し、注目を集めた。

BTCは多くの人々の関心や想像を惹きつけているが、まだテストされておらず、他のマーケットと比べると非常に小さい市場であると指摘する一方で、今後の可能性には前向きな見方を示している。

また、先月25日には、同社が暗号資産(仮想通貨)やブロックチェーンに精通した人材を募集。

仮想通貨を評価するための方法論を考案することが可能で、ハッシュやコンセンサスメカニズムなどについて理解している人材を求めており、ブロックチェーンネットワークの設計を速度、スケーラビリティ、プライバシー、セキュリティに関して分析できることも要件としている。

関連ブラックロック、仮想通貨・BC技術に精通した人材を募集

 

ChainsChannelオリジナル:CC編集部,転載は出典を明記してください。:http://chainschannel.com/archives/6650

0

文章を共有する。

あなたが好きだと思います

二次元コード

二次元コード