S&Pダウ・ジョーンズが分析、ビットコインとゴールドの共通点と違い

nexo
S&Pダウ・ジョーンズが分析、ビットコインとゴールドの共通点と違い

「ゴールドとビットコインの共通点は拡大中」

世界最大の金融指数プロバイダーS&Pダウ・ジョーンズ・インデックス(以下S&P DJI)が金(ゴールド)と暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)を比較する記事を公式ブログに投稿した。

ビットコインの最近の値動きは、既存の価値保存手段と比べて放物線状になっていると指摘しつつ、S&P DJIのコモディティ・実物資産アソシエイトディレクターJim Wiederhold氏はまずBTCとゴールドの類似点に触れる。

最近、2つの資産間の共通点が拡大している。ビットコインと金はどちらも希少であると見なされ、従来の金融市場の外で保持される可能性があり、大量の貨幣増刷と法定通貨の価値下落によって左右されない価値を持つ。

大手資産運用会社を含め、市場参加者は両方を魅力的なインフレヘッジ(物価の上昇により相対的に通貨の価値が減少するリスクを回避すること)と見ているようだ。

さらに、ゴールドとビットコインは他の一般的な資産クラスと相関性が低いため、ポートフォリオの分散効果があると続けた。

ビットコインとゴールドの違いは?

一方で、ゴールドとビットコインの違いは、まず明白なものとして、ビットコインの高いボラティリティ(価格変動性)が挙げられるという。BTCのボラティリティは、コロナ禍で乱高下した原油先物を除けば、他の資産クラスよりも数倍高い。例えば過去五年間でビットコインのボラティリティは85.4%であり、ゴールドの13.2%およびS&P500の15.3%を大幅に上回った。

出典元:S&P Dow Jones Indices

またその他の面を見れば、ゴールドは物理的な資産だが、ビットコインはデジタル資産であり、ゴールドは宝飾品や産業用金属にも使える点、トレードについてゴールドは2,700年以上の歴史があるが、ビットコインはまだ11年間と非常に新しい点などを挙げている。

さらにどちらも希少性があるものの、ビットコインには2,100万の採掘上限が定められている。

S&P DJIによれば現在のところゴールドは「既に採掘されたものと、確定埋蔵量を合わせて25万5千トン以上」存在しており、「現在価格で17兆ドル(約1760兆円)に相当」するという。

一方ビットコインは、「将来に渡って2,100万BTCが上限、現在価格で0.6兆ドル(約62兆円)」となる。Chainalysisによると、現在の供給量の20%は、初期の投資家のパスワード紛失などにより回復不能と見積もられており、実際の供給量はさらに少なくなりそうだ。

Wiederhold氏は、ビットコインはまだ揺籃期であるためセキュリティでの問題を抱えていることにも言及。ビットコインの盗難リスクは数年前に広く懸念されていた。ビットコインが主流になるにつれて投資家の間でこうした心配は薄れつつあるものの、まだテクノロジーリスクや取引所に関するカウンターパーティリスク(取引相手の信用リスク)は残っているという。

まもなくグローバル仮想通貨インデックスを提供

S&P DJIは2020年12月、仮想通貨の指数を提供することを発表した。

市場がここ数年で発展していることによって、仮想通貨の指標や指数をベースにしたソリューションに投資家が関心を持っていると背景を説明している。

機関投資家向けのプライシングで知られる仮想通貨ソフトウェア・データ企業Lukkaが提供するデータに基づく、グローバルな仮想通貨インデックスで、S&P DJIによると、「信頼性が高くユーザーフレンドリーな仮想通貨ベンチマーク」がまもなく利用可能になる。

ChainsChannelオリジナル:CC編集部,転載は出典を明記してください。:http://chainschannel.com/archives/6701

0

文章を共有する。

あなたが好きだと思います

二次元コード

二次元コード