ヘッジファンド大手Bridgewater、新ファンドの運用対象でビットコインを検討

nexo
ヘッジファンド大手Bridgewater、新ファンドの運用対象でビットコインを検討

ビットコインのファンドを検討事例

世界有数のヘッジファンド「ブリッジウォーター・アソシエーツ(Bridgewater Associates)」が、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)に関連したファンドの立ち上げを検討する可能性が浮上している。

法定通貨の価値低下という大きなリスクに備え、現金に変わる価値の保存手段として新しいファンドを提供することを検討しており、投資の対象としてBTCも候補に上がっていることが、同社の28日のニュースレターから明らかになった。

一般向けの公式サイトにも、創業者レイ・ダリオ氏のBTCに対する見解や同社メンバーによるBTCの分析が掲載された。

ダリオ氏はBTCについて、コンピューターにプログラムされたシステムで10年以上稼働し続けていることを高く評価。1つの通貨として、また価値の保存手段として急速に人気が高まっていることは驚くべき偉業だと説明している。

また、ダリオ氏とブリッジウォーター・アソシエーツのメンバーは、これから現金に代わる価値の保存手段を研究しており、BTCも対象になり得る通貨と見ているとした。同社メンバーが行ったBTCの分析では、BTCは価値の保存手段になり得る特徴を備え、回復力があることを現在まで証明してきたことは明白だと主張した。

一方で、BTCの課題として、ハッキング被害や政府が利用自体を禁止にする可能性などの不確定要素があると指摘。BTCブロックチェーンは問題なく10年以上稼働しているが、保有する上で、これらの可能性は無視できないリスクになるとコメントしている。

また、仮想通貨のセキュリティを脅かす可能性のある量子コンピューターの開発、規制強化、また現在把握できていない問題が起きる可能性があることを今後の懸念点に挙げた。しかし、この指摘については、あくまで専門家ではない個人の見解であり、間違いがあれば訂正して欲しいとあらかじめ説明した。

なお、BTCに関連したファンドを提供するかどうかは、これからさらに検討していくとしている。

仮想通貨に対する過去の見解

ダリオ氏は昨年11月、BTCを初めとする仮想通貨は期待されているほど成功しないと主張。以下の3点を問題点として挙げ、中銀発行のデジタル通貨(CBDC)やゴールド(金)は支持し、個人としてBTCよりもゴールドを好むとコメントしている。

  • 支払いに利用できる場所が少なく、物品を容易に購入できない。
  • 価格変動が大きい。支払いに利用されても小売店が入金額を把握しづらいし、効率良く資産を保有できない。
  • 広く普及すると政府がコントロールするようになって、利用を禁止する可能性もある。

 

しかしその後、一転して「私はビットコインについて何か見落としているかもしれない。間違いがあるなら教えて欲しい」と理解を深めたい姿勢を示した。

12月にAMA(Ask Me Anything:なんでも聞いて)を開催した際には、BTCやその他のデジタル通貨には、この10年ほどでゴールド(金)のような興味深い代替資産になったものもあるとし、肯定的な見方を示している。

関連界的ヘッジファンド創業者レイ・ダリオ氏、AMAで仮想通貨に言及

ChainsChannelオリジナル:CC編集部,転載は出典を明記してください。:http://chainschannel.com/archives/6951

0

文章を共有する。

あなたが好きだと思います

二次元コード

二次元コード