人気FPSのカウンターストライク、ゲームプレイでビットコイン獲得可能に

nexo
人気FPSのカウンターストライク、ゲームプレイでビットコイン獲得可能に

ゲームをプレイしてビットコインを獲得

2012年に発売され、今なお根強いファンがいる名作シューティングゲーム「カウンターストライク:グローバルオフェンシブ(CS:GO)」にて、ゲームをプレイすることでビットコイン(BTC)を得られる仕組みが非公式ながら登場する模様だ。

ZEBEDEEという仮想通貨企業がサーバーを今週にも立ち上げ、ゲームのプレイヤーはゲーム内で良いスコアを残すと少額のBTCを受け取れる。

ZEBEDEEは、これまでにもビットコインを取り入れたゲームの開発や、ビットコインのライトニングネットワークを利用したゲームのプラットフォーム「MintGox」などをリリースしている。

スコアに応じリアルタイムに残高が変動

公開されたCSGOのプレイ画面では、プレイヤーがグレネードで相手を倒した際に右上に表示されている残高が増加していることが確認できる。

なお、プレイヤーはゲーム開始時にごく少額のBTC(100 Satoshi)を支払う必要があるが、今後、無料で始められるサーバーも立ち上げられる予定だという。1 Satoshiは0.00000001 BTCに相当する。100Satoshiは、1 BTC=400万円として日本円で4円ほどになる。

仮想通貨メディアDecryptの取材に対し、ZEBEDEEのサイモン・コーウェルCEOは今回のニュースが既にゲーム内のコミュニティで非常に注目されていると明かした。

事前登録は既に我々の最初の10サーバーが満杯になりそうなほどなので、すぐにキャパシティを拡大することを計画している。

また、賞金のトランザクションはライトニングネットワークで処理される。送金手数料を抑えられるといったメリットがあり、少額の送金が多くなるゲームに適しているといえる。

ChainsChannelオリジナル:CC編集部,転載は出典を明記してください。:http://chainschannel.com/archives/7294

0

文章を共有する。

あなたが好きだと思います

二次元コード

二次元コード