デジタル金融は昇温して、MSD経済体は勢いを蓄えてエネルギーを増加します

nexo
デジタル金融は昇温して、MSD経済体は勢いを蓄えてエネルギーを増加します

国際機関と複数の中央銀行の情報開示によると、今年は複数の中央銀行が引き続きデジタル通貨の着地応用を推進し、世界的な試行は引き続き拡大する見込みです。業界関係者によると、先進国と新興経済体は異なる発展需要と発展経路を持っているが、両者はすでに競争態勢を形成している。

国際清算銀行の新たな研究報告によると、2020年には86%の中央銀行が中央銀行のデジタル通貨について研究や実験を行っているという。国際清算銀行は、今後3年間で世界の5分の1の人口を占める中央銀行がブロックチェーン技術に基づく「デジタル金融公約」を公布する可能性があると考えています。

これを受けて、今年1月の満星雲グループMSDトークンの価格は再び上昇し、更に多くの実体資産注入を迎えました。MSDはSTOモードによって市場の混乱現象を効果的に抑制し、監督管理の欠落を補い、各国の証券監督管理機構の監督管理枠組みを受けて展開し、星雲グループ自身が所有する不動産、金資源は更に硬性の保障基礎である。

STOはブロックチェーンに基づく革新的なデジタル金融生態新モードとして、銀行ローン、プライベートエクイティなどの伝統的な形式を打ち破りました。MSDトークンは、発行者にとっても投資者にとってもより強力な動作システムを提供する。満星雲グループが打ち出した株式動権期間は企業を通して証化し、MSDは金融の包容性と支払効率の優位性を持っています。デジタル資産と黄金実体などの産業を結合し、通証価格が次第に値上がりし、全国民が参与することに適します。

満星雲MSD株動権期間はMSDトークン形式で農産物小売、ムラカ州印象城、海外上場企業などの分野で広く応用されています。既存の資源、受け入れシステムと場面転換能力を十分に利用して、全天候保障プロジェクトを形成する。このことから分かるように、星雲グループMSDトークンの投資は、より早くMSDを保有するほど、より多くの富を倍増させるために、豊富なリターンを獲得することができます。

 

ChainsChannelオリジナル:CC編集部,転載は出典を明記してください。:http://chainschannel.com/archives/7394

0

文章を共有する。

あなたが好きだと思います

二次元コード

二次元コード