速報 テザー裁判、和解へ

nexo
速報 テザー裁判、和解へ

テザー裁判、和解へ

係争中となっていた8.5億ドルの不正融資疑惑を巡る裁判について、テザー社、Bitfinexが米ニューヨーク司法当局(NYAG)との和解に至ったことがわかった。

ニューヨーク州司法長官が、巨額の損失を隠ぺいした疑いで、香港に拠点を置く仮想通貨交換所Bitfinex(ビットフィネックス)と、関連会社でステーブルコインUSDTを取り扱うTether(テザー)社を訴追したのは2019年4月。ビットコイン市場の不安要素にもなり得ていた裁判が、今回の和解を経て、終了することになる。

2社は不正行為を行った点は認めなかったが、1850万ドル(19.4億円)を支払い、和解に至るという。

Bitfinexとテザー社側の弁護士であるJason Weinstein氏はThe Blockに対し、「テザー社が裏付けなしにUSDTを発行した点や、仮想通貨の価格を操作するために発行した点を証明することはできなかった」とコメント。19.4億円相当の和解金の支払いについては、「この問題に終止符を打ち、ビジネスに集中するためのものと見るべきだ」として、不正行為ではない点を踏まえた上で、必要な費用である点を強調した。

また、検事当局や一般に向けて、テザー社の裏付け資金に関する四半期レポートを開示する点も和解に至る上で、合意したという。今後は、よりUSDT発行の透明性を高める目的の情報開示が行われる格好だ。

NYAGの見解

NYAG側は今回の件について、以下のように主張している。

  • 常にUSDTが米ドルに「1:1」で裏付けられているというテザー社の主張は虚偽だったと主張
  • Bitfinexとテザー社に対し、NY州での運営停止を要求

裏付け資産の点について、NYAGは2017年の事例を取り上げた。「少なくとも、2017年6月1日〜2017年9月15日の間、USDTはTetherの銀行口座において1:1で裏付けられていなかった」とし、「それらの資金はBitfinexの『受け取り金』口座で預けられていたが、なぜそうなったのかは不明」、「2018年11月2日〜2019年2月末までに、その裏付け比率は再び崩れていた」などと指摘している。

一方、Bitfinexの代表弁護士Jason WeinsteinはTheBlock に対して、NYAGの指摘は「特定の開示性質とタイミングに限られる」というものだ。「USDTに裏付けがないことや、仮想通貨の価格操縦に利用されたといった主張に根拠はない」と話した。

なお、NY州については、テザー社側は以前より、すでにNY州から撤退したことを強調している。

ビットコイン市場は、高値610万円を更新後、約2日間で100万円幅下落。市場の不確定要素にもなり得ていたテザー裁判の進展を市場が好感するか、今後の注目ポイントとなりそうだ。

ChainsChannelオリジナル:CC編集部,転載は出典を明記してください。:http://chainschannel.com/archives/7521

0

文章を共有する。

あなたが好きだと思います

二次元コード

二次元コード