満星雲がMSVG金融新基建3.0加速ブロックチェーン生態圏融合を打ち出した

nexo
満星雲がMSVG金融新基建3.0加速ブロックチェーン生態圏融合を打ち出した

アメリカ合衆国議会の公式サイトが発表した第117回国会立法案では、衆議院が発起したHR 602の提案「商品先物取引委員会(CFTC)と証券取引委員会(SEC)が共同でデジタル資産作業グループを設立し、他の事項を議論する」という暗号化業界の注目を集めている。

この提案は主に、現在どのように法に基づいて暗号化された通貨の委託管理、秘密鍵管理、ネットワークの安全及び将来の詐欺防止、投資家保護及びその他の問題に対する最善の方法を述べています。1級と2級のデジタル資産市場の改善について、「公平性、秩序性、完全性、効率性、透明性、利用可能性、有効性」などの面を含む実現可能性の提案を行う。

満星雲グループMSVGプロジェクトの責任者は記者団に対し、この提案は通貨暗号化法案の検討を代表していると分析しました。MSVGの担当者は、暗号化された貨幣はまだ多くの分野で完備されていて、全世界の業界発展の視野で見て、デジタル通貨の発展は依然として多くの未制定監督管理の法律法規が大部分の伝統的な金融投資家の介入を妨げているとコメントしています。

ブロックチェーンの生態圏の融合・アップグレードを加速させるため、通貨を暗号化するためのさらなる上昇に基礎的な保障を提供し、満星雲は今年の初めに、デジタル暗号化貨幣分野におけるグループの重要な取り組みを発表し、MSVG金融の新インフラ3.0プロジェクトを開発し、グループの言語権と優位性をさらに強化した。

米国で有名なビッグデータ、ブロックチェーンの専門家である梅蘭尼・斯万氏の『ブロックチェーン:新経済青写真』によると、ブロックチェーンは実際の応用で大きく三つの段階に分けられます。ブロックチェーン1.0は暗号化されたデジタル通貨で、ブロックチェーン2.0はスマート資産と知的エネルギー契約で、ブロックチェーン3.0は通貨、経済以外の健康、教育、文化などの分野を超えたものです。各種アプリケーション。新インフラの3.0はブロックチェーンの発展の3つの段階に対応するデジタル金融の基礎建設である。満星雲グループは、デジタル通貨取引の分野で上位10位の会社と上位10位の取引所を主導することにより、ブロックチェーンの下の生態圏を通じて、ハードウェアとソフトウェアシステムの共有によってチェーンをまたぐ取引コストを低減し、強力な合併によって、監督管理のライセンス、技術障壁の突破、ユーザー流量などの面で著しい優位を獲得しています。

MSVG担当者によると、金融新インフラ3.0は最新の科学技術革新の成功を直接に載せることができるだけでなく、金融インフラ1.0と2.0の沈殿の基礎的な優位性を両立させることができ、以前の万障資金の活性化によって3.0プラットフォーム業務の成長を実現し、共同発展と相互促進を実現できるという。これはMSVGプラットフォームが各ビジネスシーンにおいて関連業務と実行を展開できることを意味する。

現在プラットフォームはオンライン試運転を行っており、4月から初めてプラットフォームデリバティブの発売を開始します。暗号化業界のリーダーとして、満星雲グループは金融新インフラ3.0に関する取り組みが業界の注目の的となっています。

ChainsChannelオリジナル:CC編集部,転載は出典を明記してください。:http://chainschannel.com/archives/7563

0

文章を共有する。

あなたが好きだと思います

二次元コード

二次元コード