ブロックストリーム、仮想通貨マイニング施設を立ち上げ ビットコインのハッシュレート10%に相当

nexo
ブロックストリーム、仮想通貨マイニング施設を立ち上げ ビットコインのハッシュレート10%に相当

ビットコイン関連技術の開発に注力するブロックストリーム社は8日、ビットコインのマイニング施設とマイニングプールを立ち上げたと発表した

ブロックチェーンのマイニングデータセンターは、自社用のマイニングオペレーションのほか顧客のマイニング活動ができるようになる。最初の顧客に米国金融大手フィデリティ関連会社とリンクトイン(Linkedin)の共同創業者であるリード・ホフマン氏が入っているという。

フォーブスによると、ブロックストリーム社のマイニング施設は、もし最新のASIC機器を最大容量で使えば「ビットコインのマイニングパワーは約6エクサハッシュ(exahashes) 」となり、最近のビットコインネットワーク全体のハッシュレートの10%に相当する。

8日、ビットコインのマイニングにおける計算力を示すハッシュレートが1秒あたり8000万テラハッシュ(TH/s)の大台を突破し、過去最高値を再び更新した

仮想通貨インフルエンサーからは、ブロックストリーム社がビットコインキャッシュとビットコインSVを攻撃できるだけのハッシュレートを獲得したと指摘。「陰謀論を楽しみにしている」と述べた。

ブロックストリーム代表のアダム・バック氏とサムソン・モウ氏は、今年5月にコインテレグラフ日本版のインタビューに答え、ビットコインが「ファンジビリティ(代替可能性)」と「プライバシー(取引秘匿性能)」面で改善することの重要性について語っていた

【関連記事:ビットコイン 次の戦場は「プライバシー」だ! キャッシュレス社会の権力抑制も|暗号学者アダム バック氏に聞く

ChainsChannelオリジナル:CC編集部,転載は出典を明記してください。:http://chainschannel.com/archives/882

0

文章を共有する。

あなたが好きだと思います

コメント

まず登録 後にコメントします。

二次元コード

二次元コード