インド政府が監督するデジタル決済ネットワークはGoogleとウォルマートが主導している

12月9日、インドの共同支払インターフェース(UPI)に基づいて、Google PayとウォルマートのPhone ePeが引き続きインドのデジタル決済分野で主導的地位を占めていることがわかった。共同支払インターフェースはインド政府が共同で開始した共有支払インフラで、インドには200の銀行が加入しています。Googleは、衆国際社の管理機関であるインド国家支払会社(NPCI)が発表したデータによると、合衆国間の取引量の45%を占めていますが、携帯電話は11月の取引額のうち、わずか41%を上回っています。UPIはNPCIによって開発され、インド中央銀行(インド準備銀行)が管理し、デジタル決済と銀行間ポイントの振替をサポートします。2016年のオンライン開始以来、先月の取引額も2019年11月の12億ペンから20億ペンに増えました。インド中央銀行のデータによると、本年度のインドのデジタル決済の取引総額は340億ドルを超えた。

二次元コード

二次元コード