ロシア総検察官事務室主任:来年初めに新しい数字と暗号化資産法律を公布する予定です

ロシアの総検察官事務所は、暗号化された財産の公表を政府に求めています。総検事長事務室のIgor Krasnov主任は取材に対し、新裁決が2021年初めに発効することを確認し、新たな数字と暗号化資産法を公布する。Krasnovによると、公務員の一部はすでに暗号化された貨幣に変換して不法収入を隠し始めているという。彼は、ロシアの裁判所は、暗号化が貨幣価値を持つとは思わないが、それらは財産と見なされると付け加えた。したがって、公共部門の役人はその資産の中で暗号化された貨幣収入とプレゼントを申告しなければなりません。彼はまた、未公開の暗号化資産を追跡することは挑戦的かもしれないが、原則として「隠しビットコイン」を探すことは、「灰色」の現金取引を見つけることよりも難しいと述べた。Igor Krasnovは「(関連)監視は主に機関と金融情報機関の能力を利用して行われる」と話しています。

二次元コード

二次元コード